• トップページ

    7年の歳月をかけてたどりついた、
    濃厚な旨み。

    波座の贅沢セット

    お手軽珍味

    昔ながらの濃厚熟成塩辛

    7年の歳月をかけてたどりついた、濃厚な旨み。

    「気仙沼の昔ながらの塩辛を手軽に食べたい」

    そんな地元の方々の声から作ることになり、職人が納得のゆく味を完成させるまでに7年もの歳月をかけて作り上げたのが「昔ながらの濃厚熟成塩辛」です。

    波座物産が大切にしていること。

    「波座」。それは海の幸が、人が集まるところ。

    読みもの

    波の座と書いて「なぐら」。

    暖流と寒流とが重なる、潮の境目をさす言葉です。

    潮が重なるその場所には豊富なプランクトンが発生するため、多くの魚が集まり、その魚を求めて海鳥が上空を舞います。

    そんな海鳥の群がりを目印に、昔の漁師たちは漁をしたといいます。
    >続きはこちら